離婚の悩み相談

A.I.ステップ所属弁護士

内藤梓(仙台弁護士会所属)

内藤梓弁護士

 「話を聞いてもらって、気持ちが軽くなりました。」
相談が終わる頃にこのようなことを言って頂けると、とても嬉しくなります。
 自分がトラブルに巻き込まれていることなど、あまり他人には話したくないでしょう。
ましてや、知らない弁護士に相談するのは、とてもエネルギーがいることだと思います。
 そういったハードルを乗り越えてご相談にいらっしゃったということをしっかり受け止めてご相談を受けたいと思っています。
「こんなことを相談しても良いのだろうか」などと考えないでください。
些細なことであっても、一人で悩みを抱えることはとても辛いことです。
是非一度お悩みをお聞かせください。
そして、あなたが前へ踏み出すお手伝いをさせてください。


略歴

  • 私立穎明館高校卒業
  • 中央大学法学部法律学科卒業
  • 法政大学法科大学院卒業
  • 仙台弁護士会所属
  • 弁護士法人A.I.ステップに参加

取扱分野

  • 離婚
  • 不貞
  • 婚約破棄
  • 債務整理
  • 遺産相続問題
  • 刑事事件
  • 等一般民事全般、刑事事件を幅広く扱っています。

  • 特に、女性の方から離婚に伴う財産分与などの相談をお受けし、親身になって取り組んでいます。

委員会

  • 刑事弁護委員会
  • 被害者支援特別委員会
  • 子どもの権利委員会


  • 趣味:サッカー観戦、サイクリング、 音楽鑑賞・映画鑑賞(洋・邦、メジャー・マイナーを問わず)、 食べ歩き(主にラーメン)

弁護士内藤梓の解決事例

  • 不貞慰謝料請求訴訟において柔軟な和解をした事例

    親権

    Aさん(30代)は、夫がBさんと不貞関係にあることを知り、私たちの事務所へ相談に来ました。
    そこで、私たちが代理人となり、Bさんに対する慰謝料請求訴訟を提起しました。
    訴訟において、Bさんは、不貞は認めるものの・・・

  • 不貞行為の慰謝料請求と離婚が関係している事例

    不貞行為

    Eさん(50代)は、一方的に夫から離婚を求められ、夫の弁護士から離婚調停が提起された後に、私たちの事務所へ相談に来ました。
    Eさんは、真の離婚原因は夫の不貞行為であると考えており・・・

  • 婚約の不当破棄による慰謝料を請求した事例

    婚約

    Cさん(30代)は、Sさんと結婚を前提に交際していました。
    ところが、Sさんは、別の女性と交際をし、Cさんとの交際を一方的に破棄しました。
    相談を受けた私たちは、Sさんに対して婚約の不当破棄に基づく慰謝料請求の裁判を提起しました。
    「婚約」の事実は・・・

弁護士内藤梓に相談

内藤梓弁護士

桑原和也(仙台弁護士会所属)

桑原和也弁護士

 日々の生活を送る中で、誰でもトラブルを抱え、困った経験をしたことがあるのではないでしょうか。
そして、トラブルを抱えてしまうと、頭がその悩みでいっぱいになってしまっているのではないでしょうか。
「こんなこと弁護士に相談してよいのだろうか。」
そんなことで悩む必要はありません。
弁護士に聞いてはいけない悩みなどないのです。
まずはお話しをお聞かせください。
「ありがとうございました。」「気持ちが楽になりました。」
依頼者の方が笑顔になってそう言っていただけることが、私にとって何よりの喜びです。
持ち前の熱意とフットワークの軽さで、依頼者の方々と真剣に話し合い、依頼者の方とよりよい解決方法を探りながら、一人でも多くの方に笑顔になって帰っていただけるよう、一人一人のお悩みに真剣に向き合っていきます。
私は、みなさまが悩みを抱えたとき、気軽に相談できる存在でありたいと思っています。
どうぞお気軽にご相談ください。


略歴

  • 長野県長野高等学校卒業
  • 法政大学法学部政治学科卒業
  • 東北大学法科大学院卒業
  • 仙台弁護士会登録
  • 東北大学萩法会講師(行政法)

取扱分野

  • 離婚
  • 遺産相続
  • 借金問題
  • 金銭回収等一般民事事件
  • 刑事事件
  • 少年事件

委員会

  • 子どもの権利委員会
  • 犯罪被害者支援特別委員会
  • 法教育検討特別委員会
  • 災害復興支援特別委員会
  • 広報委員会


  • 趣味:野球観戦(主に阪神タイガースの応援) 相撲、プロレス観戦 おいしいお店巡り(主にラーメン) 旅行

弁護士桑原和也の解決事例

  • 有責配偶者からの離婚請求事例

    離婚請求

    Xさん(50代)は、長年にわたり別居している妻(50代)と離婚して、不倫相手と再婚したいと考えていました。
    しかし、妻は、感情的な性格であり・・・

  • 財産分与等の金額を大幅減額できた事例

    不貞行為

    Sさん(50代)は、妻(40代)から、離婚を請求され、それと付随して慰謝料と財産分与あわせて約2000万円の支払いを請求されていました。
    Sさんは、離婚自体はかまわないと考えていましたが・・・

  • DV夫に対する離婚請求事例

    DV夫

    Aさん(40代)は、長年にわたり夫からDVを受けていました。
    Aさんは、離婚するつもりで、住んでいたアパートから1人娘(高校生)を連れて逃げ出し、別居しました。
    その後、Aさんは、住居を知られないようにしながら・・・

弁護士桑原和也に相談

桑原和也弁護士に相談

田崎章子(仙台弁護士会所属)

田崎章子弁護士

 自分の身の回りに何か問題が起きたとき、そもそも弁護士に相談すべきことなのか、判断がつかない場合も多いかと思います。自分の話をきちんと聞いてもらえるだろうかと、相談に来られること自体、気が重くなってしまうこともあるでしょう。
  しかし、弁護士に相談することで、自分が今どういう状況に陥っているのかや、解決のための選択肢を知ることができます。また、お悩みを他人に話してみるだけでも、お気持ちがいくらかは軽くなると思います。
  ご相談に来られた方に寄り添って、お気持ちを尊重しながら、一つずつ丁寧に、ともに問題を解決していきたいと考えています。まずはお気軽にご相談ください。


略歴

  • 長崎県(大村市)生まれ
  • 長崎県立大村高等学校卒業
  • 京都大学法学部卒業
  • 京都大学法科大学院修了
  • 第二東京弁護士会登録後、都内法律事務所、企業勤務を経て
  • 仙台弁護士会所属

取扱分野

  • 離婚
  • 遺産相続
  • 交通事故
  • 借金問題等の民事事件
  • 企業法務関連
  • 刑事事件を幅広く取り扱っています。

委員会

  • 子どもの権利委員会
  • 法教育検討特別委員会所属

委員会

  • 子どもの権利委員会
  • 刑事弁護委員会
  • 法教育検討特別委員会所属


  • 読書、映画鑑賞、茶道(初心者ですが)、散歩・旅行、写真を撮ること

弁護士田崎章子の解決事例

  • 子の引き渡しと親権を主張し、獲得した離婚事例

    親権

    Aさん(30代)は、夫と、同居していた夫の両親のもとに、子ども2人(いずれも未就学児)を置いたまま、意に沿わない別居を開始してしまいました。
    子ども達を引き取りたいとAさんは私たちのところに相談に来ました。
    私たちは、まずは子どもの・・・

  • 不貞行為の慰謝料請求と離婚が関係している事例(Bさん)

    不貞行為

    Bさん(50代)は、一方的に別居した夫から離婚を求められ、夫の弁護士から離婚訴訟が提起された状態で、私たちのところに相談に来ました。
    そこで、離婚訴訟をBさんの代理人として受任するとともに、真の離婚原因は夫の不貞行為であったことから・・・

  • 出頭しない夫に対して裁判離婚を得た事例

    裁判所

    Cさん(20代)は、夫の身勝手な振る舞いにより別居せざるを得なくなったので、離婚を希望し、私たちのところに相談に来ました。
    そこで、弁護士が代理人となり夫と交渉してきましたが・・・

  • 不貞行為の慰謝料請求と離婚が関係している事例(Dさん)

    Dさんは(30代)は、夫の不貞行為を原因として不仲になり、ともに生活するのが難しくなって、子ども達をつれて実家に戻りました。
    その後、夫から再三の離婚の求めがあり、やむなくDさんは離婚に応じましたが、夫の不貞相手からは一切謝罪などもありませんでした・・・

  • 不貞行為の慰謝料請求と離婚が関係している事例(Eさん)

    Eさん(30代)は、夫の不貞行為により別居し、離婚を決意しました。
    Eさんから委任を受けた私たちは、離婚調停を提起氏、調停での話し合いをしましたが、夫からは慰謝料を支払うという意思がみえなかったので、離婚訴訟を提起しました。
    その際に・・・

弁護士田崎章子に相談

田崎章子弁護士に相談

滝浦のぞみ(仙台弁護士会所属)

滝浦のぞみ弁護士

 人生は道に例えられることがよくあります。
  人生という長い道の上では、突然の雨に降られたり、思いがけず落とし穴に落ちたり、分かれ道でどちらに行くべきか迷ったりと、たくさんのトラブルが起きます。
  相談者の方がそのようなトラブルに遭った時、私は、弁護士として、傘を差し出したり、落とし穴から引っ張りあげたり、どちらの道を進むべきか助言をし、可能な限りのサポートをしていきたいと思っています。
  そして、相談者の方がパワーを蓄えて、人生という道を自分の足でしっかりと歩むことができるよう、お手伝いをしたいと考えています。
  ご相談してくださったからには、親身になってお話を伺い、全力で事件に取り組ませていただきます。困っていることがございましたら、お気軽にご相談ください。


略歴

  • 岩手県立盛岡第一高等学校卒業
  • 東北大学法学部卒業
  • 東北大学法科大学院修了
  • 仙台弁護士会登録
  • 東北大学法科大学院 修了生弁護士オフィス・アワー講師

取扱分野

  • 離婚
  • DV問題
  • 財産分与
  • 遺産相続問題
  • 借金問題

  • 民事事件一般(離婚、遺産相続、交通事故、借金問題、会社法関係事件など)、刑事事件を幅広く取り組んでいます。 特に、女性の方から相談をお受けすることが多く、離婚、親子問題等に力を入れて取り組んでおります。

委員会

  • 人権擁護委員会
  • 広報委員会
  • 子どもの権利委員会
  • 犯罪被害者支援特別委員会
  • 紛争解決支援センター運営委員会
  • 法教育検討特別委員会
  • 国際委員会


  • 趣味:テニス、スポーツ観戦(野球、バスケ、サッカー)、食べ歩き、カラオケ、旅行

弁護士滝浦のぞみに相談

滝浦のぞみ弁護士に相談

千葉 俊太郎(仙台弁護士会所属)

千葉 俊太郎弁護士

 お悩みをお持ちの方が弁護士に相談するまでには、さまざまなことに思い悩まれ、精神的に消耗してしまうこともあると思います。
そのような中で勇気を出してご相談していただいた方のお気持ちを大切にし、そのお悩みの解決に向けて誠心誠意取り組んでまいります。
まずはじっくりお話を伺った上で、今後どのような選択肢が考えられるのか、その選択肢を選んだ場合のメリット・デメリットをご説明いたします。難解な法律用語をかみ砕いて、わかりやすくご説明いたします。
その上で、ご相談者様のお気持ちを尊重しながら、具体的な解決策を探っていきたいと思います。
ご依頼案件を進めるにあたっては、ご依頼者様と連絡を密に取りながら、迅速かつ丁寧に進めてまいります。
お悩みやお困りごとがございましたら、どうぞお気軽にご相談ください。

 


略歴

  • 宮城県栗原市生まれ
  • 宮城県岩ケ崎高等学校卒業
  • 福島大学人文社会学群行政政策学類卒業
  • 明治大学法科大学院修了
  • 仙台弁護士会所属

取扱分野

  • 離婚
  • 債務整理
  • 遺産相続
  • 交通事故
  • 刑事事件
  • と、民事・刑事を問わず取り扱っています。


  • 趣味:野球観戦(東北楽天ゴールデンイーグルスの応援)、読書(主に小説)、映画鑑賞(邦画・洋画を問わず観ます)、温泉巡り

弁護士千葉 俊太郎の解決事例一覧

  • 離婚請求事例

    離婚請求

    Aさんは、夫との生活のすれ違いなどから、次第に夫婦関係がうまく行かなくなり、ある日離婚を決意しご相談にいらっしゃいました。
     Aさんは、以前から夫の行動に不審な点を感じていたため、調査会社にも調査依頼をしていました。すると、やはり夫は不倫していたことが分かりました。
     調査結果という確固たる証拠があったため、夫は不倫を認め、離婚することには応じましたが、慰謝料請求は全く受け入れようとせず、ついには離婚調停に発展しました。
     調停では、主に慰謝料請求と離婚にもとづく財産分与について争われました。
     夫の代理人は、Aさんが家庭をかえりみない人であったため、婚姻関係が破綻したのだと主張しました。
    しかし、Aさんはこれまで家族のために一生懸命に家事やパートの仕事をこなしてきました。そこで、その証拠として過去付けていた家計簿や日記を証拠として提出しました。
     結果、Aさんの主張を前提に離婚が成立し、慰謝料も支払われました。

  • 不貞行為

    不貞行為

     ある時、依頼者のAさんは、夫のメールを見て、同じ職場の女性と不倫をしていたことを知りました。
    Aさんは不倫相手に慰謝料を請求できるのか、不倫相手が夫に接触することを禁止できるのかを知りたいと考え、当事務所にご相談くださいました。
     弁護士が、慰謝料請求の可否や見通しをお伝えし、Aさんに正式にご依頼いただくこととなりました。
     弁護士はさっそく不倫相手を調査し、書面で慰謝料を請求したところ、相手からは「すでに婚姻関係は破綻していると聞いているので慰謝料など払う気はない」と反論されました。しかし、メールのほか、弁護士のアドバイスをもとにAさんが地道に収集した証拠をもとに反論しました。
     結果、相手は不貞を認め、慰謝料150万円をAさんに支払うこと、Aさんの夫に理由なく連絡しないことを約束する一文を盛り込んだ合意書を取り交わすことができました。

  • 債務整理

    DV夫

     Aさんは、持病の悪化により退職せざるを得なくなり生活費が不足し、カードローンの返済が厳しくなりました。
    ご相談にいらした段階では複数の金融会社から借入をするようになっており、うち1社から督促状が送られてきている状況でした。
     ご自身で交渉したものの、頭金を要求されるなど、自力での交渉は難しいと感じ、当事務所にご相談にこられたとのことでした。
     その後持病の症状が改善し、再就職後の給与により債務の弁済を継続する目途がついたことから、全債権者と債務整理の協議をし、借金の減額に成功しました。
    支払わなければいけない債務については、6年の分割弁済する内容の和解が成立し、借金の問題を解決することができました。
     任意整理を行うと、利息制限法の計算により債務総額が減少することがあります。
    また、将来の利息を減額・免除することで、毎月の約束返済額を抑えた無理のない返済を行えるようになります。

弁護士千葉 俊太郎に相談

千葉 俊太郎弁護士に相談

このページの先頭へ