離婚の悩み相談

桑原和也(仙台弁護士会所属)

桑原和也弁護士

 日々の生活を送る中で、誰でもトラブルを抱え、困った経験をしたことがあるのではないでしょうか。
そして、トラブルを抱えてしまうと、頭がその悩みでいっぱいになってしまっているのではないでしょうか。
「こんなこと弁護士に相談してよいのだろうか。」
そんなことで悩む必要はありません。
弁護士に聞いてはいけない悩みなどないのです。
まずはお話しをお聞かせください。
「ありがとうございました。」
「気持ちが楽になりました。」
依頼者の方が笑顔になってそう言っていただけることが、私にとって何よりの喜びです。
持ち前の熱意とフットワークの軽さで、依頼者の方々と真剣に話し合い、依頼者の方とよりよい解決方法を探りながら、一人でも多くの方に笑顔になって帰っていただけるよう、一人一人のお悩みに真剣に向き合っていきます。
私は、みなさまが悩みを抱えたとき、気軽に相談できる存在でありたいと思っています。
どうぞお気軽にご相談ください。


略歴

  • 長野県長野高等学校卒業
  • 法政大学法学部政治学科卒業
  • 東北大学法科大学院卒業
  • 仙台弁護士会登録
  • 東北大学萩法会講師(行政法)

取扱分野

  • 離婚
  • 遺産相続
  • 借金問題
  • 金銭回収等一般民事事件
  • 刑事事件
  • 少年事件

委員会

  • 子どもの権利委員会
  • 犯罪被害者支援特別委員会
  • 法教育検討特別委員会
  • 災害復興支援特別委員会
  • 広報委員会


  • 趣味:野球観戦(主に阪神タイガースの応援) 相撲、プロレス観戦 おいしいお店巡り(主にラーメン) 旅行

弁護士桑原和也の解決事例一覧

  • 有責配偶者からの離婚請求事例

    離婚請求

    Xさん(50代)は、長年にわたり別居している妻(50代)と離婚して、不倫相手と再婚したいと考えていました。
    しかし、妻は、感情的な性格であり、当事者同士で離婚の話し合いをすることができない状況でした。
    私達は、実体のない夫婦関係を維持することが妻にとっても意味がないこと、提案している離婚条件が相当なものであることなど、妻を粘り強く説得をした結果、依頼を受けてから約半年後に、協議離婚が成立しました。

  • 財産分与等の金額を大幅減額できた事例

    不貞行為

    Sさん(50代)は、妻(40代)から、離婚を請求され、それと付随して慰謝料と財産分与あわせて約2000万円の支払いを請求されていました。
    Sさんは、離婚自体はかまわないと考えていましたが、離婚に至る過程や財産分与に関して、妻に反論したいと考えていました。
    そして、Sさんは、弁護士をつけずに離婚調停に臨みましたが、上手く言いたいことが伝えられなかったこと、調停委員が自分の言い分に耳を傾けてくれなかったことから、大変悔しい思いをしていました。
    私達は、離婚訴訟の段階で代理人に選任され、裁判所で、Sさんが調停で伝えたかった離婚に至った本当の経緯や、不貞の事実が存在しないこと、相手方の主張する財産の一部が共有財産ではないことなどを主張しました。
    その結果、Sが財産分与も含め解決金として750万円を負担することで決着しました。

  • DV夫に対する離婚請求事例

    DV夫

    Aさん(40代)は、長年にわたり夫からDVを受けていました。
    Aさんは、離婚するつもりで、住んでいたアパートから1人娘(高校生)を連れて逃げ出し、別居しました。
    その後、Aさんは、住居を知られないようにしながら、親族を通じて、離婚を求めました。
    しかし、夫は、「離婚には一切応じない。」「裁判所からの呼び出しにも応じるつもりはない。」と離婚協議を拒否しました。
    また、夫は、Aさんの職場に対して、お金を無心したり、自殺をほのめかす等嫌がらせの電話をかけたりしていました。
    私達は、夫がAさんの住所を知らなかったこと、別居から1年以上経過していたけれど、職場や娘の高校に押しかける等の行動はとっていなかったことから、保護命令の申立てはしませんでしたが、警察にお願いをして、Aさんの住居付近のパトロールを強化してもらいました。
    また、私達は、Aさんの住所がばれないように配慮しつつ、速やかに離婚調停の申立・離婚訴訟の提起を行いました。
    夫は裁判所に一度来ることはありませんでしたが、無事、離婚と慰謝料の支払いを認める判決を獲得しました。

弁護士桑原和也に相談

桑原和也弁護士に相談

このページの先頭へ