離婚の悩み相談

内藤梓(仙台弁護士会所属)

内藤梓弁護士

 「話を聞いてもらって、気持ちが軽くなりました。」
相談が終わる頃にこのようなことを言って頂けると、とても嬉しくなります。
 自分がトラブルに巻き込まれていることなど、あまり他人には話したくないでしょう。
ましてや、知らない弁護士に相談するのは、とてもエネルギーがいることだと思います。
 そういったハードルを乗り越えてご相談にいらっしゃったということをしっかり受け止めてご相談を受けたいと思っています。
「こんなことを相談しても良いのだろうか」などと考えないでください。
些細なことであっても、一人で悩みを抱えることはとても辛いことです。
是非一度お悩みをお聞かせください。
そして、あなたが前へ踏み出すお手伝いをさせてください。


略歴

  • 私立穎明館高校卒業
  • 中央大学法学部法律学科卒業
  • 法政大学法科大学院卒業
  • 仙台弁護士会所属
  • 弁護士法人A.I.ステップに参加

取扱分野

  • 離婚
  • 不貞
  • 婚約破棄
  • 債務整理
  • 遺産相続問題
  • 刑事事件
  • 等一般民事全般、刑事事件を幅広く扱っています。

  • 特に、女性の方から離婚に伴う財産分与などの相談をお受けし、親身になって取り組んでいます。

委員会

  • 人権擁護委員会
  • 刑事弁護委員会(平成24年度幹事)
  • 被害者支援特別委員会(平成24年度幹事)
  • 子どもの権利委員会
  • 民事介入暴力及び業務妨害対策委員会


  • 趣味:サッカー観戦、サイクリング、 音楽鑑賞・映画鑑賞(洋・邦、メジャー・マイナーを問わず)、 食べ歩き(主にラーメン)

解決事例

  • 不貞慰謝料請求訴訟において柔軟な和解をした事例

    親権

    Aさん(30代)は、夫がBさんと不貞関係にあることを知り、私たちの事務所へ相談に来ました。
    そこで、私たちが代理人となり、Bさんに対する慰謝料請求訴訟を提起しました。
    訴訟において、Bさんは、不貞は認めるものの・・・

  • 不貞行為の慰謝料請求と離婚が関係している事例

    不貞行為

    Eさん(50代)は、一方的に夫から離婚を求められ、夫の弁護士から離婚調停が提起された後に、私たちの事務所へ相談に来ました。
    Eさんは、真の離婚原因は夫の不貞行為であると考えており・・・

  • 婚約の不当破棄による慰謝料を請求した事例

    婚約

    Cさん(30代)は、Sさんと結婚を前提に交際していました。
    ところが、Sさんは、別の女性と交際をし、Cさんとの交際を一方的に破棄しました。
    相談を受けた私たちは、Sさんに対して婚約の不当破棄に基づく慰謝料請求の裁判を提起しました。
    「婚約」の事実は・・・

弁護士内藤梓に相談

内藤梓弁護士

このページの先頭へ