離婚の悩み相談

田崎章子(仙台弁護士会所属)

田崎章子弁護士

 自分の身の回りに何か問題が起きたとき、そもそも弁護士に相談すべきことなのか、判断がつかない場合も多いかと思います。自分の話をきちんと聞いてもらえるだろうかと、相談に来られること自体、気が重くなってしまうこともあるでしょう。
  しかし、弁護士に相談することで、自分が今どういう状況に陥っているのかや、解決のための選択肢を知ることができます。また、お悩みを他人に話してみるだけでも、お気持ちがいくらかは軽くなると思います。
  ご相談に来られた方に寄り添って、お気持ちを尊重しながら、一つずつ丁寧に、ともに問題を解決していきたいと考えています。まずはお気軽にご相談ください。


略歴

  • 長崎県(大村市)生まれ
  • 長崎県立大村高等学校卒業
  • 京都大学法学部卒業
  • 京都大学法科大学院修了
  • 第二東京弁護士会登録後、都内法律事務所、企業勤務を経て
  • 仙台弁護士会所属

取扱分野

  • 離婚
  • 遺産相続
  • 交通事故
  • 借金問題等の民事事件
  • 企業法務関連
  • 刑事事件を幅広く取り扱っています。

委員会

  • 子どもの権利委員会
  • 法教育検討特別委員会所属


  • 読書、映画鑑賞、茶道(初心者ですが)、散歩・旅行、写真を撮ること

解決事例

  • 子の引き渡しと親権を主張し、獲得した離婚事例

    親権

    Aさん(30代)は、夫と、同居していた夫の両親のもとに、子ども2人(いずれも未就学児)を置いたまま、意に沿わない別居を開始してしまいました。
    子ども達を引き取りたいとAさんは私たちのところに相談に来ました。
    私たちは、まずは子どもの・・・

  • 不貞行為の慰謝料請求と離婚が関係している事例(Bさん)

    不貞行為

    Bさん(50代)は、一方的に別居した夫から離婚を求められ、夫の弁護士から離婚訴訟が提起された状態で、私たちのところに相談に来ました。
    そこで、離婚訴訟をBさんの代理人として受任するとともに、真の離婚原因は夫の不貞行為であったことから・・・

  • 出頭しない夫に対して裁判離婚を得た事例

    裁判所

    Cさん(20代)は、夫の身勝手な振る舞いにより別居せざるを得なくなったので、離婚を希望し、私たちのところに相談に来ました。
    そこで、弁護士が代理人となり夫と交渉してきましたが・・・

  • 不貞行為の慰謝料請求と離婚が関係している事例(Dさん)

    Dさんは(30代)は、夫の不貞行為を原因として不仲になり、ともに生活するのが難しくなって、子ども達をつれて実家に戻りました。
    その後、夫から再三の離婚の求めがあり、やむなくDさんは離婚に応じましたが、夫の不貞相手からは一切謝罪などもありませんでした・・・

  • 不貞行為の慰謝料請求と離婚が関係している事例(Eさん)

    Eさん(30代)は、夫の不貞行為により別居し、離婚を決意しました。
    Eさんから委任を受けた私たちは、離婚調停を提起氏、調停での話し合いをしましたが、夫からは慰謝料を支払うという意思がみえなかったので、離婚訴訟を提起しました。
    その際に・・・

弁護士田崎章子に相談

田崎章子弁護士に相談

このページの先頭へ