離婚の悩み相談

弁護士田崎章子の解決事例

出頭しない夫に対して裁判離婚を得た事例

裁判所

Cさん(20代)は、夫の身勝手な振る舞いにより別居せざるを得なくなったので、離婚を希望し、私たちのところに相談に来ました。
そこで、弁護士が代理人となり夫と交渉してきましたが、夫は多忙を理由に話し合いがほぼ進まなかったので、離婚調停を提起しました。
その調停では、夫は離婚したくないというものの、今後の生活や改善点について具体的な考えはなく、やり直せる見通しが立ちませんでした。
結局話がつかないので、離婚訴訟を提起しましたが、夫は一度も裁判所に出廷しなかったので、判決により離婚が認められ、養育費及び慰謝料の支払も認められました。

田崎章子弁護士に相談

このページの先頭へ