離婚の悩み相談

弁護士田崎章子の解決事例

子の引き渡しと親権を主張し、獲得した離婚事例

親権

Aさん(30代)は、夫と、同居していた夫の両親のもとに、子ども2人(いずれも未就学児)を置いたまま、意に沿わない別居を開始してしまいました。
子ども達を引き取りたいとAさんは私たちのところに相談に来ました。
私たちは、まずは子どもの監護者指定と子の引渡を求める保全処分と審判を提起しました。
審判においては、裁判所の丁寧な審理と調査の結果、Aさんが監護者と指定され、夫との面会交流についても取り決められたことから、和解により解決し、Aさんに子どもたちが引き渡されました。
その後、夫婦関係の溝は埋まらなかったため、Aさんから離婚調停を提起しました。
話し合いの結果、親権や面会交流について取り決めが出来たので、調停により離婚が成立しました。
なお、離婚後も、面会交流はしっかりと果たされているそうです。

田崎章子弁護士に相談

このページの先頭へ