離婚の悩み相談

弁護士田崎章子の解決事例

不貞行為の慰謝料請求と離婚が関係している事例(Eさん)

Eさん(30代)は、夫の不貞行為により別居し、離婚を決意しました。
Eさんから委任を受けた私たちは、離婚調停を提起氏、調停での話し合いをしましたが、夫からは慰謝料を支払うという意思がみえなかったので、離婚訴訟を提起しました。
その際に、夫の不貞相手に対する慰謝料請求訴訟も提訴しました。
夫は、訴訟となっても弁護士をつけず訴訟を遂行し、最終的には離婚や慰謝料の支払いを命じる判決がでましたが、納得いかず高裁に控訴。
高裁では控訴が棄却されたので、原審の判決が確定しました。
しかし、夫は慰謝料を支払わなかったため、給与差押えを行い、最終的には一括で支払われました。
なお、不貞相手は一度も出廷せず、判決となりましたが、後日判決記載の金額が支払われました。

田崎章子弁護士に相談

このページの先頭へ