離婚の悩み相談

弁護士田崎章子の解決事例

不貞行為の慰謝料請求と離婚が関係している事例(Dさん)

Dさんは(30代)は、夫の不貞行為を原因として不仲になり、ともに生活するのが難しくなって、子ども達をつれて実家に戻りました。
その後、夫から再三の離婚の求めがあり、やむなくDさんは離婚に応じましたが、夫の不貞相手からは一切謝罪などもありませんでした。
そこで、Dさんは私たちのところに相談に来たので、夫の不貞相手に対して慰謝料請求訴訟を提起しました。
訴訟では、慰謝料の金額を譲歩する代わりに直接会って謝罪して欲しいと伝え、Dさんの心情を理解した裁判官が相手方を説得した結果、これまで不貞行為を認めなかった相手方が最終的には謝罪文言を和解調書に載せるとともに慰謝料を支払う内容で和解しました。

田崎章子弁護士に相談

このページの先頭へ