離婚の悩み相談

弁護士田崎章子の解決事例

不貞行為の慰謝料請求と離婚が関係している事例(Bさん)

不貞行為

Bさん(50代)は、一方的に別居した夫から離婚を求められ、夫の弁護士から離婚訴訟が提起された状態で、私たちのところに相談に来ました。
そこで、離婚訴訟をBさんの代理人として受任するとともに、真の離婚原因は夫の不貞行為であったことから、夫の不貞行為相手に慰謝料請求訴訟を提起しました。
当初、Bさんは絶対に離婚しないと言っていましたが、次第に気持ちが変化し、離婚も視野にいれるようになってきました。
最終的には、Bさんの生活を考慮し、不動産と相当金額の解決金を取得する内容(一部支払は不貞相手も連帯で責任を負う内容)で、離婚が成立しました。

田崎章子弁護士に相談

このページの先頭へ